ギャラリー2<木版手彩作品>

●木版手彩作品

黒色部分のみを版木を彫って和紙に刷り、後からインクで着彩。黒の部分は温かみのある墨汁色。その墨汁色の間から様々なインク色が見え隠れするため、コントラストの強い表現でありながらも、柔らかな風合いと色の深みを感じることのできる独自の表現技法です。

●【EXLIBRIS】 蔵書票作品 <2013・2015 木版手彩>


                                                                           ENTER
ENTER

●【なごみ日和】シリーズ<河北新報 河北歌壇俳壇 >掲載さし絵作品ー<2009 木版手彩>

ENTER
ENTER

●【辰年年賀2012】シリーズ<心に残る和の年賀状・‘12辰年版>(インプレスジャパン)

                           掲載作品ー<2011 木版手彩>

               ENTER
    ENTER

 ●【和花 】シリーズ <個展-なごみ日和だよりⅡ>展示作品ー<2007 木版手彩>

ENTER
ENTER

●【ふくろう日和 】シリーズ <個展-なごみ日和だよりⅡ>展示作品ー<2007 木版手彩>

ENTER
ENTER

●【ことりとお庭】シリーズ <個展-なごみ日和だよりⅠ>展示作品-<2005 木版手彩>

ENTER
ENTER

●【ことりとお庭】シリーズⅡ<版画みやぎ展2008>展示作品-<2008 木版手彩>

ENTER
ENTER